HaluHaluブログ

気になったこと、話題の話など、お話したいと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙のススメ⑦

ただ吸わない!

とにかくただ吸わないこと!

実行してみませんか?

人はたばこを吸おうっとしても、10秒ほど違うことを考えるとその衝動をおさえることができるのだそうです。

そんなのウソだ!

っと思うだろうケド、試してみてはいかがですか?

「あーたばこ吸いたいな~」って思った時に、違うことを考えてみるんです。

「今晩なに食べようかな~」とか
「好きな人は今ごろなにしてるかな~」とか。

単純な私は、結構この方法で度々訪れる「喫煙への欲求」を瞬間的ではあるけど押さえることが出来ました。

そして次にたばこを吸いたいな~って思った時に、また違うことを考える。

これわりとお勧めですよ~。

       つづく



スポンサーサイト

禁煙のススメ⑥

ただ吸わなければいい!って、それが出来たら苦労はしないよって、思った方!
そうなんですよね。
私もそう思っていたんです。
思い込んでいたんです。

なんでだろ~?
ニコチン中毒だから?

私は12年間たばこを吸ってました。
でも、一度も
「たばこが吸いたいあまりに手が震えてきた!」
とか
「イライラして仕事に手がつかない!」
とか
「眠れない!」
なんて思ったことないです。

仕事中、喫煙が出来なかったら吸わないでいられたし、夜も眠たかったらたばこをなんか吸う前に寝てました。しかも朝まで何時間も吸わないで寝てました。

実際、中毒症状としてそういう体験をしている方も世の中にはいるのかと思います。

でも少なくとも私の周りにはいません。
「ここでは吸うな!」と言えば、みんな吸わないでいられるんです。

禁煙の大きな壁は「たばこを吸わないとつらいんじゃないか」という思い込みです。

この時、あの場面でたばこが吸えないなんて!ッて言う不安感が辛さを助長しているのだと思います。
私が夜中でもたばこを買いに行ったのは、吸いたいからじゃなくて、後で吸えないと困るからだったように思います。
                つづく

禁煙のススメ⑤

じゃあ、私がどうやってたばこをやめたかと、申しますと・・・・・

やったことは1つだけ

ただ吸わないこれだけでした。

ふざけるな!

っと、思った方ごめんなさい!

でも本当なんです。

吸わなきゃいいんです。

あなたがやることは、禁煙パイポ(今もあるの?)をくわえることでも、病院でニコチンパッチを貰うことでもなくて、

ただ吸わない

それだけでいいんです。
                つづく

禁煙のススメ④

絶対やめれない!とそう思いこんでいることが、まず禁煙への最大の壁っと、書きました。

その思いを払拭する方法はあるのか?
それが重要!
っと、言えども効果テキメン!な方法を知っているわけではありません・・・・ごめんなさい。

でもはっきり言えるのは
「絶対やめれない!なんて言うことは絶対ない!」ということです。

なんでそこまで言い切れるかと言うと、自分がそうだったから。

でも思うんです。
辞めよう!っと固く決意してる時点で、もうその禁煙には失敗していると。
なぜなら辞めよう!と決意するということは、その時点ですでに「我慢する」と言うことを念頭においている考え方だからです。
我慢はたいてい続きません。
そして禁煙を(たばこの存在)を意識しすぎてたぶんイライラしてきます。

ではどうするか。

それはやっぱり「辞めれる」と思うことです!
それも無理しないで、そう自分に暗示をかけましょう。
無理しないでと、言うのは
「全然平気!全然平気!」っと、自分に言い聞かせるなと言うことです。
これもまた意識し過ぎて失敗します。

たばこはやめれるんです。
あなたも絶対やめれるんです。

我慢じゃなく、たばこをやめた自分に期待しましょう。

今、たばこをくわえながら、この記事を読んでいるあなたもすわなくても全然平気になれます。
「ウソつけ!」って思っている方・・・・じゃあ今は“やめれるかも”位でいいので、自分に期待してみてください。

                           つづく

禁煙のススメ③

前回も書いたとおり、どんなに夜遅くても、寒くても、吹雪でもたばこが無くなればすぐ買いに行きました。
持っていないと落ち着かない・・・充分に依存症ですよね。

例えば、「よし!やめてみよう!」っと一瞬思います。
でも、たばこを捨てることなど出来ず、家に置いていくことも出来ず、いつでも吸えるようにして、挑戦したりしてました。(やめれるはずがありません)

私は喘息持ちです。
喫煙していた12年の間、3回入院しました。
それでも、こっそりたばこを吸っていました。
本当にバカヤロウでした。

それくらい依存していました。

絶対やめれない!とそう思いこんでいることが、まず禁煙への最大の壁だと思います。

                          つづく

 | ホーム | 

 | HOME |  NEXT ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。